エミリー・ブラント、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編への出演を見送り

エミリー・ブラント、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編への出演を見送り
提供:シネマクエスト

エミリー・ブラントが『メリー・ポピンズ・リターンズ』への出演を理由に、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』続編への出演を見送っていたことが分かった。前作でリタ・ヴラタスキを演じたエミリーは、ウィリアム・ケイジ役のトム・クルーズからの誘いを受けたものの、1年近くに渡ってメリー・ポピンズ役を演じていたため、断らざるを得なかったのだという。以前、同作の監督のダグ・リーマンはエミリーとトムが出演契約を交わしたとコメントし、両社とも続編を楽しみにしているとしながらも、製作時期が問題であることを明かしていた。

最終更新日
2018-04-05 10:10:05
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには