ケヴィン・ベーコン、スリラー映画『You should have left』に出演へ

ケヴィン・ベーコン、スリラー映画『You should have left』に出演へ
提供:シネマクエスト

ケヴィン・ベーコンが、新作スリラー映画『You should have left』で出演と製作を担当するという。ケヴィンは、低予算ホラー映画で名を馳せるデヴィッド・コープとジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・プロダクションズと共に、ドイツ人作家ダニエル・ケールマンの同名小説を映画化する予定だ。コープは現在映画化に向けた脚色を進めていて、監督として今年から製作開始を予定しているという。予期せぬ展開や恐怖が評価されている原作は、大ヒット作の続編を執筆するために妻と娘と共に人里離れたアルプスの家に籠っている脚本家の物語だ。そして、1980年にスタンリー・キューブリックが映画化したスティーブン・キングの『シャイニング』同様、彼は頭がおかしくなり始める。映画版では原作のストーリーを変更し、脚本家ではなく、若い妻と6歳の子供に恵まれた裕福な男が主人公になるという。2人の結婚には、不信や疑念が渦巻いており、遠隔地での滞在中に、彼らは自然界の法則を無視するような出来事を目の当たりする。

最終更新日
2018-03-30 10:10:27
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには