ブルース・ウィリス、『ダイ・ハード』第6弾が現在も製作中であることを発表

ブルース・ウィリス、『ダイ・ハード』第6弾が現在も製作中であることを発表
提供:シネマクエスト

ブルース・ウィリス(62)が『ダイ・ハード6』が現在も製作中であることを認めた。ロデリック・ソープの小説『ナッシング・ラスツ・フォーエバー』を原作に1988年からスタートした同シリーズで主役の警察官ジョン・マクレーンを演じているブルースは、2013年公開作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でその姿を見せたのが最後となっている。2年前にはそのシリーズの前日章と続編が入り混じった新作が製作されることが発表されており、ブルースが続投すると報じられていたものの、その後動きが見られない状態になっていた。しかし、先月28日にブルースが『ザ・トゥナイト・ショー』に出演した際、製作は依然進行していることを明らかにした。『Die Hard: Year One』と仮題がつけられている新作では、1980年代初頭を舞台としたマクレーンのルーキー時代と現在が半分半分で描かれると言われている。

最終更新日
2018-03-06 10:20:06
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには