デーヴ・パテール、『デイヴィッド・コパフィールド』映画化新作で主演

デーヴ・パテール、『デイヴィッド・コパフィールド』映画化新作で主演
提供:シネマクエスト

デーヴ・パテール(27)が、新作映画『The Personal History of David Copperfield』に出演する。チャールズ・ディケンズの小説『デイヴィッド・コパフィールド』を基に、デーヴが主演を務めるという。『Veep/ヴィープ』のアーマンド・イアヌッチが監督を務め、サイモン・ブラックウェルと脚本を共同担当する同作で、初めて発表されたキャストとなる。同作は原作小説を新解釈したものだとされており、主人公が不幸な少年時代から成功するまでの間に、様々な経験を通して、混沌とした世界で安息地を見つける姿を描くという。イアヌッチにとって、『イン・ザ・ループ』に続く監督3作目となり、ケヴィン・ローダーと共にプロデュースも担当する予定だ。デーヴは、現在ドラマ『ザ・ウェディング・ゲスト』が控えており、最近では短編映画『ホーム・ショッパー』で監督デビューを飾っている。ハリウッドで引っ張りだこの俳優のうちの1人で、ヒット作にも出演しているが、自分のキャリアについて以前、映画界における最高の監督たちと仕事をする機会に恵まれているだけだと話していた。

最終更新日
2018-02-19 10:10:42
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには