ノオミ・ラパス、『Angel Of Mine』に出演へ

ノオミ・ラパス、『Angel Of Mine』に出演へ
提供:シネマクエスト

ノオミ・ラパスが『Angel Of Mine』に深い悲しみに暮れる母親役で出演するようだ。この心理ドラマは、『LION/ライオン ~25年目のただいま~』でアカデミー脚色賞にノミネートされたルーク・デイヴィスがデヴィッド・リーガルと脚本を担当した。オリジナル版『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で知られるノオミは、娘を亡くしたこと必死に受け入れようとする中で、ある他人の子供に執着するようになり、実は自分の子供ではないかと思い込む母親リジーを演じるという。2008年に公開されたフランス映画『L’Empreinte de L’Ange』を原作としたこの新作では、『虹蛇と眠る女』のキム・ファラント監督のもと、4月に撮影が始まるようだ。

最終更新日
2018-02-08 14:45:07
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには