オプラ・ウィンフリー、セシル・B・デミル賞受賞へ

オプラ・ウィンフリー、セシル・B・デミル賞受賞へ
提供:シネマクエスト

オプラ・ウィンフリー(63)が来年のゴールデン・グローブ賞でセシル・B・デミル賞を受賞することになった。ケーブルテレビ局、雑誌、制作会社を持つオプラはエンターテインメント業界に多大なる影響を与えたことが認められ、同賞を授かることが決まった。ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の代表メヘル・タトナ氏は、世界的なメディアのリーダー、慈善家、プロデューサー、そして女優として、世界中の人々とこれまでにないコネクションを創りあげてきたオプラが今の時代もっとも影響力のある女性のうちの一人であると選出理由を語っている。1986年から2011年にかけてトーク番組『オプラ・ウィンフリー・ショー』をプロデュースし司会も務めていたオプラは、1985年公開の映画『カラーパープル』でゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた経歴もあるほか、2013年には『大統領の執事の涙』にも出演している。

最終更新日
2017-12-18 10:10:40
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには