デヴィッド・フィンチャー、 アダム・ドライバーに謝罪?

デヴィッド・フィンチャー、 アダム・ドライバーに謝罪?
提供:シネマクエスト

デヴィッド・フィンチャー監督(55)が『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にアダム・ドライバーを起用するのは酷いアイデアだとコメントしたことに対し謝罪している。2014年にソニー・ピクチャーズとのEメールが複数リークされ、当時の同製作会社会長であったエイミー・パスカルが、アダムが悪役カイロ・レンに配役されたことに対してニュースレター内で否定的なコメントしたことを受け、フィンチャーは「アダム・ドライバーの起用は酷いアイデアだ。僕はソニーの味方だ」と返信していたことが明るみに出ていた。それに対し、フィンチャーは当時のメールが軽薄だったとして、アダムが出演し、11月18日に日本でも公開される『ローガン・ラッキー』の監督スティーヴン・ソダーバーグに、本人に謝罪を伝えて欲しいと頼んだのだそうだ。

最終更新日
2017-10-17 10:20:49
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには