ダニエル・クレイグ、『007』ボンド役さらに2作品で続投か?

ダニエル・クレイグ、『007』ボンド役さらに2作品で続投か?
提供:シネマクエスト

ダニエル・クレイグ(49)が「007」シリーズの新作2作品への出演契約を結ぶ秒読み段階にあるとみられている。同シリーズを手掛けてきたプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが、これまで4作品に出演しているダニエルに、さらに2作品へ出演するよう説得した模様で、次回作は『Shatterhand』というタイトルになるようだ。25作目となる新作の脚本はほとんど完成間近だと言われており、2019年の11月の公開が予定されている。さらにそれに続く、ダニエルにとってシリーズ6作品目となる作品は、ジョージ・レーゼンビーがボンド役を務めた1969年公開『女王陛下の007』のリメイクになる可能性もあるとされている。

最終更新日
2017-08-09 10:00:30
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには