ジェレミー・レナー、新作スタントシーンで両腕を負傷

ジェレミー・レナー、新作スタントシーンで両腕を負傷
提供:シネマクエスト

ジェレミー・レナーが新作コメディ映画『タグ』のスタントシーンで右肘と左手首を負傷したようだ。6日(木)、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に両腕に医療用のサポーターをつけて登場したジェレミーだったが、それも仕事の一部だ」として怪我をすることは仕方ないとコメントしている。「ボーン」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズで知られるジェレミーは、現在撮影中のこの新作が、ほかの出演作とは異なり、激しいスタントシーンを要される映画ではないとして、今後の撮影にもこの怪我が支障をきたすことはないとしている。とは言え、靴ひもが自分で結べない苦労も味わったそうで、現在は迅速な回復に向けて全力を尽くしているそうだ。

最終更新日
2017-07-12 08:00:57
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには