アネット・ベニング、ベネチア国際映画祭の審査員長に!

アネット・ベニング、ベネチア国際映画祭の審査員長に!
提供:シネマクエスト

アネット・ベニングがベネチア国際映画祭の審査員長を務めることが決定した。2006年にカトリーヌ・ドヌーヴが審査員長を務めて以来、アネットは11年ぶりとなる女性審査員長を務めることが決まった。これまで4度、アカデミー賞にもノミネートされた経験を持つアネットはその役割を誇りに思うとしており、今年9月に行われる第74回ベネチア国際映画祭で最高賞となる金獅子賞をはじめとする全ての賞を発表することになる。アネットはこれまでに昨年の同映画祭で審査員長を務めたサム・メンデス監督作『アメリカン・ビューティー』や『キッズ・オールライト』、エル・ファニングやグレタ・ガーウィグと共演した『20センチュリー・ウーマン』に出演している。

最終更新日
2017-07-10 08:00:21
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには