ラッセル・クロウとデヴィッド・オイェロウォ、新作で共演か?

ラッセル・クロウとデヴィッド・オイェロウォ、新作で共演か?
提供:シネマクエスト

ラッセル・クロウとデヴィッド・オイェロウォが新作伝記映画『Arc of Justice』で共演する可能性が出てきた。ケビン・ボイル著作の書籍「Arc of Justice: A Sage of Race, Civil Rights and Murder in the Jazz Age」を基にしたこの法廷ものにラッセルとデヴィッドは出演するようだ。デヴィッドは『グローリー/明日への行進』、ラッセルは『インサイダー』でそれぞれ伝記映画に出演した際にアカデミー賞にノミネートされた経験を持つ。『Arc of Justice』は1925年、白人居住地区に家を購入したアフリカ系アメリカ人のオサイン・スイート医師(デヴィッド)が、白人集団の襲撃から家を守ろうとしたことで殺人容疑をかけられてしまう。人種問題を巡る裁判の中でクラレンス・ダロウ弁護士(ラッセル)はスイート医師を守るため戦うことになる。ダロウ弁護士は1925年に行われた進化論教育が問題となったスコープス裁判などで知られるアメリカで最も有名な弁護士の1人であり、1960年作『風の遺産』ではスコープス裁判がテーマとなっていた。

最終更新日
2017-05-12 08:10:41
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには