リーアム・ニーソン、スティーヴ・マックイーン監督最新作出演へ

リーアム・ニーソン、スティーヴ・マックイーン監督最新作出演へ
提供:シネマクエスト

リーアム・ニーソンが、スティーヴ・マックイーン監督の最新作『Widows』へ出演するようだ。エンパイア・オンラインによると、リーアムはすでに出演が決まっているヴィオラ・デイヴィスの夫役を演じることになるという。同作品にはミシェル・ロドリゲス、アンドレ・ホランド、ダニエル・カルーヤ、エリザベス・デビッキらが出演することも発表されている。この作品はリンダ・ラ・プランテによる1983年の同名テレビドラマの映画化作となり、1985年と2002年にも映画化された原作は、強盗に使用していた車の炎上事故により犯罪者の夫を失った4人の女性達を取り巻くストーリーとなっている。この4人は行方不明となっていた盗まれた現金のありかを突き止めるものの、そのうちの1人の夫が実は死亡していなかったことが発覚するという展開だ。マックイーン監督にとって『ウィドウズ』はアカデミー賞受賞作品『それでも夜は明ける』以来初めての作品となる。

最終更新日
2017-03-08 08:10:19
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには