トム・ヒドルストン、ゴールデン・グローブ賞でのスピーチを謝罪

トム・ヒドルストン、ゴールデン・グローブ賞でのスピーチを謝罪
提供:シネマクエスト

トム・ヒドルストンが、先日のゴールデン・グローブ賞での自身のスピーチについて謝罪した。1月8日(日)に行われた同式典で『ナイト・マネージャー』にてミテッドシリーズ/テレビムービー部門の主演男優賞を受賞したトムだが、南スーダンについて語ったその受賞スピーチが長くてつまらなかったとソーシャルメディアに非難が集まっていることを受け、フェイスブックに謝罪コメントを発表した。そこでトムはとても緊張していたため、勝手に言葉が出てきてしまったとし、ユニセフUKや国境なき医師団、国連WFPに向けて辛抱強く活動をしている人達の素晴らしい勇敢さと勇気、そして最も難しい状況の中で希望と喜びを探し続ける南スーダンの子供たちに敬意を表したかっただけだと説明した。

最終更新日
2017-01-12 08:00:49
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには