クエンティン・タランティーノ監督、引退へ

クエンティン・タランティーノ監督、引退へ
提供:シネマクエスト

クエンティン・タランティーノ監督が引退を表明した。『レザボア・ドッグス』などでおなじみのタランティーノ監督はあと2作品を制作して、自身の作品が全10作品になった後引退することをサンディエゴで行われたクリエイティビティ・カンファレンス「アドビ・マックス」の場で発表した。『パルプ・フィクション』『キル・ビル』などを手がけたタランティーノ監督は以前から自身の作品が10作品に達したら引退すると宣言しており、今回改めてその予定を認めたかたちとなった。そんなタランティーノ監督がいつ次回の長編作品にとりかかるのかは明らかになっていないものの、現在は1970年代をテーマにしたドキュメンタリー作品の制作を行っているようだ。

最終更新日
2016-11-08 08:20:41
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには