ジュリア・ロバーツ、母親の復讐劇を描く映画作品に出演

ジュリア・ロバーツ、母親の復讐劇を描く映画作品に出演
提供:シネマクエスト

ジュリア・ロバーツが、実話を基にした母親の復讐劇を描く作品に出演することがわかった。以前にも実話を基にした作品『エリン・ブロコビッチ』に出演しアカデミー賞を受賞した経験を持つジュリアは、同新作映画で出演のみならずプロデュースにも携わるようだ。現在タイトル未定のこの作品はケリー・ピーターズとサム・ルールというペンネームのニューヨーク・タイムズ紙の編集者による書籍「I’ll Get You!: Drugs, Lies, and the Terrorizing of a PTA Mom」を基に製作される。この書籍はPTAの会長で娘の学校でボランティア活動を行っていた著者ケリーの身に起こった事件を基に綴られている。ケリーは息子をずっと待たせていたとして非難してきた男児の両親によって学校から追放された上、挙げ句の果てには違法薬物所持の濡れ衣まで着せられた。ケリーは逮捕され調査を受けることになるが、その5年後ついに民事裁判でその夫妻から570万ドル(約5億7300万円)を勝ち取る。同映画の脚本家や製作会社などもまだ決まっていないようだが、『マネーモンスター』で共演したジョージ・クルーニーが興味を示していると報じられている。
だ。

最終更新日
2016-09-26 08:20:53
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには