ジャスティン・ティンバーレイク、ゴルフ大会で酔っ払いから顔面を殴打

ジャスティン・ティンバーレイク、ゴルフ大会で酔っ払いから顔面を殴打
提供:シネマクエスト

ジャスティン・ティンバーレイクが、先週末にタホ湖で開かれたゴルフ大会で酔っ払った男性から突然顔面を叩かれるハプニングに見舞われていたという。第27回アメリカン・センチュリー・チャンピオンシップ中にジャスティンが観客の間を通り抜けようとしたところ、泥酔状態の観客から突然殴打された。その後警察がすぐに駆け付けたが、ジャスティンはその男性に対して刑事責任を求めなかったという。しかしながら、その「好戦的な態度」だったという男性がゴルフコースを去ることを拒んだため、結局は警察が治安紊乱行為の罪で逮捕するに至ったという。そんなハプニングに見舞われたジャスティンだが、バスケットボール選手のステフィン・カリーや俳優のアルフォンソ・リベイロらが参加していたそのコンペをジャスティンは楽しんでいたようで、ステフィンが『ベルエアのフレッシュ・プリンス』で演じたカールトン・バンクスのおなじみのダンスをコースの真ん中で3人で披露する一面も見られた。

最終更新日
2016-07-27 18:39:52
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには