ウィレム・デフォー、『Justice League Part One』出演へ

ウィレム・デフォー、『Justice League Part One』出演へ
提供:シネマクエスト

ウィレム・デフォーが『Justice League Part One』に出演することが決まった。ザック・スナイダー監督のDCコミック実写版となる同作品でウィレムが演じる役柄については明らかになっていないものの、良い人の役になるそうだ。ウィレムはサム・ライミ監督の2002年作『スパイダーマン』に悪役グリーン・ゴブリンに変身するノーマン・オズボーン役で登場した経験を持っている。『Justice League Part One』にはJ・K・シモンズもバットマンが暮らしているゴッサム市警察の本部長ジェームズ・ゴードン役で登場することが決定している。また、ヘンリー・カヴィルがスーパーマン、ベン・アフレックがバットマンとそれぞれおなじみの役で出演するほか、ガル・ガドットがワンダーウーマン、ジェイソン・モモアがアクアマン、エズラ・ミラーがザ・フラッシュ、レイ・フィッシャーがサイボーグとして出演することになっている。

最終更新日
2016-04-21 08:00:05
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには