エマ・ストーン、新作でローズマリー・ケネディ役へ

エマ・ストーン、新作でローズマリー・ケネディ役へ
提供:シネマクエスト

エマ・ストーンが、新作『Letters From Rosemary』でローズマリー・ケネディ役を演じるようだ。ジョン・F・ケネディ元米大統領と議員のロバート・ケネディ、エドワード・ケネディを兄弟に持つローズマリーは、その美貌と優雅さで知られながらも、知的障害および気分変動を持ち合わせていたことで友人やケネディ一家からは隔離されていた。23歳の時に精神障害を改善させるためにとロボトミー手術を行ったが、頭がい骨頭部から脳内にかけての外科的切開を含むこの手術を行うことを決断した父ジョセフは術後まで妻ローズに知らせなかった。結果的にローズマリーには障害が残り、施設へ入れられて生涯を終えることになった。『スポットライト 世紀のスクープ』を手がけたスティーヴ・ゴリンとダグ・ウォルドがプロデューサーを務める新作映画ではロボトミー手術を受けるまでの数か月間と、術後にケネディ一家にもたらした影響に焦点が当てられる。

最終更新日
2016-03-23 16:39:45
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには