アトランティス('19) 作品情報

あとらんてぃす

この先のウクライナを予言するディストピア映画

アトランティス('19)のイメージ画像1
アトランティス('19)のイメージ画像2

ロシアとの戦争終結から1年後の2025年。戦争で家族を亡くし、唯一の友人も失った孤独なセルヒーは、兵士の遺体発掘、回収作業に従事するボランティア団体の女性との出会いをきっかけに、自らが“生きる”意味と向き合っていく。

「アトランティス('19)」の解説

2025年を舞台に、元兵士の“生”のはかなさと“愛”の尊さを描いた近未来のディストピア映画。監督は、ウクライナの俊英ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ。死に覆いつくされた世界を漂流する生のはかなさと、そこに芽生えた愛の尊さをサーモグラフィー・カメラが鮮烈に映し出す。(作品資料より)

アトランティス('19)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年6月25日
キャスト 監督・脚本・撮影ヴァレンチン・ヴァシャノヴィチ
出演アンドリー・ルィマルーク リュドミラ・ビレカ ワシール・アントニャック
配給 アルバトロス・フィルム
制作国 ウクライナ(2019)
上映時間 109分
公式サイト https://atlantis-reflection.com/

(C)Best Friend Forever

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アトランティス('19)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-04 00:01:02

広告を非表示にするには