マルケータ・ラザロヴァー 作品情報

まるけーたらざろう゛ぁー

中世の騒乱と肥大した信仰。少女マルケータの、呪われた恋。

マルケータ・ラザロヴァーのイメージ画像1
マルケータ・ラザロヴァーのイメージ画像2

13世紀半ば、動乱のボヘミア王国。修道女となることを約束されていた少女マルケータは、領主とは名ばかりの父・ラザルと敵対する盗賊騎士コズリークの息子・ミコラーシュと恋に落ちる。彼女の心とは裏腹に、増大する王権に対抗するふたつの氏族間の衝突は激化していき…。

「マルケータ・ラザロヴァー」の解説

13世紀ボヘミア王国を舞台に、宗教と部族間の抗争に翻弄される少女マルケータを描く、チェコ・ヌーヴェルヴァーグの巨匠フランチシェク・ヴラーチル監督作。「過去の出来事をなぞるのではなく、歴史の内側を直感的に捉えたい」という監督の強い執念から、衣装や武器などの小道具を当時と同じ素材・方法で作成し、極寒の山奥で当時と同じように生活しながら548日にもわたるロケーション撮影を行った。衣装を『アマデウス』でオスカーを受賞したテオドールピック、音楽をヤン・シュヴァンクマイエル作品などを手掛けるズデニェク・リシュカが担当し、綿密にして大胆、崇高で獰猛なエネルギーに満ちたフィルム=オペラが完成した。2022年7月、日本初劇場公開。(作品資料より)

マルケータ・ラザロヴァーのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月2日
キャスト 監督・脚本フランチシェク・ヴラーチル
原作ヴラジスラフ・ヴァンチュラ
出演マグダ・ヴァーシャーリオヴァー ヨゼフ・ケムル フランチシェク・ヴェレツキー イヴァン・パルーヒ
配給 ON VACATION
制作国 チェコ(1967)
上映時間 166分
公式サイト http://marketalazarovajp.com/

(C)1967 The Czech Film Fund and Narodni filmovy archiv, Prague

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「マルケータ・ラザロヴァー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-02 00:01:02

広告を非表示にするには