イントロダクション 作品情報

いんとろだくしょん

ひとりの青年のモラトリアムをモノクロで綴る

イントロダクションのイメージ画像1
イントロダクションのイメージ画像2

将来の進路が決まらないヨンホは、父親に呼ばれ漢方医院を訪れる。すると父親は患者の対応に大忙しで、ヨンホは一日中待たなければならなさそうだ。ヨンホの恋人ジュウォンは、ドイツにファッションデザインを学びに発った。母親はドイツに住む昔の友人宅に娘を泊まらせようと同行している。そこに、ヨンホが追いかけるようにドイツにやってくる。ヨンホは母親に突然呼ばれて、東海岸の刺身料理屋を訪れる。母親はあるベテラン俳優と一緒にいた。

「イントロダクション」の解説

韓国とドイツを舞台に、折り合いの悪い父、夢を追うため海外へと旅立った恋人ジュウォン、進路を心配する母との3つ再会を3つの独立したエピソードで編んだホン・サンス監督によるモノクロ作品。ホン監督の前作『逃げた女』で印象を残したシン・ソクホが初主演を務めた本作は、大人になり切れないモラトリアムな時期をさまようひとりの青年の姿が、モノクロームの映像で詩情豊かに綴られる。印象的なのは、エピソードそれぞれでの“抱擁”シーンだ。脇を固めるのは、『アバンチュールはパリで』のキム・ヨンホや、ホン監督のパートナー、キム・ミニ。2021年の第71回ベルリン国際映画祭のコンペティション部門で銀熊賞(最優秀脚本賞)を受賞した。

イントロダクションのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年6月24日
キャスト 監督・脚本・撮影・編集・音楽ホン・サンス
出演シン・ソクホ パク・ミソ キム・ヨンホ イェ・ジウォン ソ・ヨンファ キム・ミニ チョ・ユニ ハ・ソングク
配給 ミモザフィルムズ
制作国 韓国(2020)
上映時間 66分
公式サイト http://mimosafilms.com/hongsangsoo/

(C)2020. Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「イントロダクション」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-04 23:30:03

広告を非表示にするには