信虎 作品情報

のぶとら

甲府を開府した信虎の晩年を描いた戦国時代劇

信虎のイメージ画像1
信虎のイメージ画像2

戦国の名将である武田信玄の父・信虎は、信玄によって追放され、駿河を経て京に住み、足利将軍の奉公衆となる。追放より30年の時が流れた元亀4年(1573)、信玄が危篤に陥ったことを知った信虎は、再び武田家にて復権するため甲斐への帰国を試みるも、信濃において勝頼とその寵臣に阻まれる。信虎は、信長との決戦にはやる勝頼の暴走を止められるのか。齢80の「虎」が、武田家存続のため最後の知略を巡らせる。

「信虎」の解説

武田信玄の父であり、甲府を開府した信虎の晩年を描いた時代劇。信虎を演じるのは、『天空の城ラピュタ』のムスカ大佐の声で知られ、また数々の大河ドラマなどの時代劇作品に出演し、36年ぶりの主演作となる名優・寺田農。ヒロインには谷村美月を招き、信虎の娘で15歳のお直をあどけなく演じている。そして榎木孝明、永島敏行、渡辺裕之らベテラン俳優が重要人物として豪華出演し、矢野聖人、荒井敦史、石垣佑磨の若手俳優も戦国乱世の激動の時代を生き抜く姿を巧みに演じている。監督は、平成「ガメラ」シリーズ・『デスノート』の金子修介。(作品資料より)

信虎のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年11月12日
キャスト 監督金子修介
出演寺田農 榎木孝明 渡辺裕之 永島敏行 谷村美月
配給 彩プロ
制作国 日本(2021)
年齢制限 PG-12
上映時間 135分

(C)ミヤオビピクチャーズ

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、3件の投稿があります。

P.N.「こじろうの母」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-11-27

信虎が武田家の将来を何より案じて、武田家存続に心血を注いだことが分かった。信虎は信玄の陰に隠れて興味も関心も持っていなかったが、この映画を見て感動した。家を守るということを現代ではあまり重要に感じないが、心にずしんと来るものがあった。キャストも役に徹してそれぞれの良い味が出ていて良かった。ぜひ、DVDを販売してほしい。

最終更新日:2021-11-30 16:00:03

広告を非表示にするには