Mank/マンク 作品情報

まんく

黄金期のハリウッドで脚本家が名作を生むまで

Mank/マンクのイメージ画像1
Mank/マンクのイメージ画像2

1930年代のハリウッド。アルコール依存症に悩む映画脚本家の“マンク”ことハーマン・J・マンキーウィッツは、気鋭の新人オーソン・ウェルズの初監督作の脚本に取り掛かっていた。メディア王と呼ばれたハーストをモデルにした作品で、発表されればショウビズ界から大きな反発を招くことは必至だった。かつてハーストと良好な関係にあったマンクがなぜ、スキャンダラスな作品の執筆に挑んだか。話は数年前にさかのぼる。

「Mank/マンク」の解説

『セブン』『ソーシャル・ネットワーク』など、常に斬新な映画的手法で映画ファンの絶大な支持を得ているデビッド・フィンチャー監督。2014年の『ゴーン・ガール』以来の新作である本作は、映画史上の傑作と言われている『市民ケーン』の舞台裏を描いた伝記ものだ。主人公マンクは『市民ケーン』の共同脚本家。脚本執筆に取り掛かるマンクの姿と、彼がハーストと袂を分かつことになった数年前の回想が交互に描かれる。ただしそこはフィンチャーのこと。ただの製作秘話ではなく、私たちが今生きている2020年の状況をたくみにリンクさせ、現代社会に比べて遠い昔の話とは思わせない作劇はさすが。そして映像に凝るフィンチャーらしく、『市民ケーン』で行われた表現主義的な撮影の再現も、ここで行われている。

Mank/マンクのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月20日
キャスト 監督デビッド・フィンチャー
出演ゲイリー・オールドマン アマンダ・セイフライド チャールズ・ダンス リリー・コリンズ
配給 Netflix
制作国 アメリカ(2020)
上映時間 131分
公式サイト https://mank-movie.com/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「Mank/マンク」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-05-15 00:01:01

広告を非表示にするには