Mank/マンク 作品情報

まんく

不朽の名作『市民ケーン』誕生の舞台裏

Mank/マンクのイメージ画像1
Mank/マンクのイメージ画像2

アルコール依存症に苦しみながらも、社会を鋭く風刺し続けた脚本家のハーマン・J・マンキーウィッツは、のちに不朽の名作となる『市民ケーン』の脚本の仕上げに追われていた…。

「Mank/マンク」の解説

映画史に燦然と輝くオーソン・ウェルズ監督・製作・主演の名作『市民ケーン』でアカデミー賞脚本賞を受賞した脚本家“マンク”ことハーマン・J・マンキーウィッツを主人公に描く物語。依存症の問題を抱えながらも、機知と風刺に富んだマンクの視点から、1930年代のハリウッドを新たな角度から描き出す。主演は『レオン』『裏切りのサーカス』『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のゲイリー・オールドマン。監督は『セブン』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』のデヴィッド・フィンチャー。(作品資料より)

Mank/マンクのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月20日
キャスト 監督デビッド・フィンチャー
出演ゲイリー・オールドマン アマンダ・セイフライド チャールズ・ダンス リリー・コリンズ
制作国 アメリカ(2020)
上映時間 131分
公式サイト https://mank-movie.com/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「Mank/マンク」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-26 00:30:07

広告を非表示にするには