ATEOTD 作品情報

あておっと

唯一の希望は、一日の終わりに“あの人”を想うこと

ATEOTDのイメージ画像1
ATEOTDのイメージ画像2

2120年。人類は自らが引き起こした新型細菌ウィルスにより滅びゆく運命を辿っていた。終末世界の片隅、生命活動が許されたシェルターのなかで、生きる意味を見失いながらも日々孤独に暮らす女と男。ふたりとも微かな両親の記憶はあるもののほかには誰にも会ったことがない。そんな“個”として生きるふたりの唯一の希望は、一日の終わりの刹那、この世界のきっと、どこかにいるかもしれない“あの人”を想うことだった…。

「ATEOTD」の解説

齊藤工が監督して話題となった安藤裕子の4年半ぶりの新アルバム「Barometz」収録曲のミュージックビデオである7分28秒の「一日の終わりに」をショートフィルムとして制作したもの。タイトルのATEOTDとは「一日の終わりに」の英訳“At the end of the day”の頭文字を繋げた略語。安藤裕子の楽曲とイラストがもつ唯一無二の世界観と齊藤工のイマジネーションが交点をもった物語を支えるのは、実力派俳優・門脇麦、宮沢氷魚。100年に一度の疫病が蔓延する終末世界を舞台に、家族も失い、自身もまたその病に蝕まれる運命を背負いながら天涯孤独にただ日々その一日を生き抜く男女の儚い夢と希望を繊細に描き出す。(作品資料より)

ATEOTDのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月25日
キャスト 監督・原案・脚本齊藤工
音楽・絵安藤裕子
出演門脇麦 宮沢氷魚
配給 イオンエンターテイメント
制作国 日本(2020)
上映時間 25分
公式サイト https://ateotd.tokyo/

(C)『ATEOTD』製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ATEOTD」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-09 00:01:09

広告を非表示にするには