江戸一寸の虫 作品情報

えどいっすんのむし

一人の江戸ッ子侍の皮肉な行動を描く

風雲をはらむ幕末、譲夷を叫ぶ旗本侍青木彌太郎は、役人や異人と結托して金儲けに狂奔する桑名屋を襲い、奪った千両箱を手土産にして新徴組に走った。ある日、水戸藩を脱藩した熱血青年の清水清次が、根岸の寮に吉原上りの愛妾おたつと住む彌太郎を訪ね、貪欲な父上月小藤太が不浄の金を集めていると打ち明けた。その夜、上月家に忍び入った彌太郎は、清次の妹妙の度胸と美しさに心を惹かれた。その頃、江戸城では老中総評議の結末、新徴組を江戸市中の讓夷派浪士取締りに任命した。そして、隊士の屯所が捕吏に囲まれ、危地に陥った彌太郎を救ったのはおたつだった。

「江戸一寸の虫」の解説

幕末、新徴組の結成を背景として時世を憤慨する一人の江戸ッ子侍の皮肉な行動を描く。サンデー毎日に連載された中野実の小説を「六人の暗殺者」の菊島隆三が新人大塚道夫と共同脚色し、「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」の滝沢英輔が監督、「大岡政談 人肌蝙蝠」の永塚一栄が撮影を担当した。主なる出演者は「自分の穴の中で」の三國連太郎、「青銅の基督」の滝沢修、「こころ」の安井昌二、新珠三千代、「下郎の首」の瑳峨三智子、「王将一代」の辰巳柳太郎など。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演三國連太郎 山形勲 滝沢修 河野秋武 安井昌二
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「江戸一寸の虫」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-12 00:01:07

広告を非表示にするには