パリ・オペラ座バレエ・シネマ2020 ミルピエ/ロビンズ/バランシン 作品情報

ぱりおぺらざばれえしねまみるぴえろびんずばらんしん

それぞれの振付による3演目で構成

「クリア、ラウド、ブライト、フォワード」ミルピエがパリ・オペラ座のために振り付け、ドキュメンタリー映画「ミルピエ パリ・オペラ座に挑んだ男」でその創作過程が細かく取り上げられている作品。気鋭の作曲家ニコ・マーリーに音楽を委嘱し、ミルピエとマーリーによるコラボレーションの5作品目に当たり、当時まだスジェだったレオノール・ボラック、ユーゴ・マルシャン、ジェルマン・ルーヴェなどの若手ダンサーを多く起用している。「作品19/ザ・ドリーマー」ジェローム・ロビンズがミハイル・バリシニコフのために振り付けた演目で、若い男性と空想のパートナーとの白昼夢をイメージした、2人のエトワールによるヴァリエーション。「テーマとヴァリエーション」ジョージ・バランシンによるクラシカルな作品で、1947年にアメリカン・バレエ・シアターで初演された。チャイコフスキーの音楽に合わせて、パリ・オペラ座バレエの誇るダンサーたちが高度なテクニックを披露する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年6月26日
キャスト 振付バンジャマン・ミルピエ ジェローム・ロビンズ ジョージ・バランシン
出演レオノール・ボラック エレオノール・ゲリノー
配給 カルチャヴィル
制作国 フランス(2015)
上映時間 110分
公式サイト https://www.culture-ville.jp/parisoperaballetcinema

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「パリ・オペラ座バレエ・シネマ2020 ミルピエ/ロビンズ/バランシン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-10 00:01:09

広告を非表示にするには