ローマに咲いた恋 作品情報

ろーまにさいたこい

川頭義郎監督がローマにロケした恋愛ドラマ

ローマの裏街、描く絵は認められず、歌手の夢に破れた宮坂千乃との情事にも充たされず狐独をかみしめていた高木は、たまたま絵を買ってくれた秋月に勧められて帰国したのだった。彼の滞欧作品展は好評をうけ、会場には今は人妻となった千乃や謎めいた美少女などが訪れた。その少女の清純な印象は強く彼の心に焼付いたが、千乃とはまた以前の関係を続けるようになった。やがて秋月のアトリエで制作にとりかかったがカンバスに描かれたそれはモデルとは似ても似つかぬあの少女の像であった。

「ローマに咲いた恋」の解説

木下恵介が脚本を執筆、「風の視線」の川頭義郎監督がローマにロケした恋愛ドラマ。撮影はコンビの荒野諒一。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督川頭義郎
出演早川保 鰐淵晴子 桑野みゆき 滝沢修
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ローマに咲いた恋」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-29 00:01:07

広告を非表示にするには