女優 原田ヒサ子 作品情報

じょゆうはらだひさこ

老いを見守る家族それぞれに、愛おしい物語がある

女優 原田ヒサ子のイメージ画像1

認知症が進み、まるで我が事のように娘の人生を語りだした、女優・原田美枝子の母、ヒサ子。認知症の人は、自分が一番輝いていた時代に戻ることが多いけれど、自分以外の人の記憶を語るということは珍しいという。母の記憶が娘の人生とオーバーラップしていることに驚いた美枝子は、母の人生を振り返り、母の心の中に残されていた夢を叶えようと思い立つ。15歳から女優として、黒澤明、増村保造、勝新太郎、深作欣二、平山秀幸といった錚々たる映画監督の作品に出演し、45年もの間カメラの前に立ってきた美枝子が、初めてカメラの後ろから母を見つめる。母ヒサ子の映画を作る美枝子の思いに賛同する人々が協力し、90歳の女優デビューとなる撮影のカチンコボードが叩かれた…。女優・原田美枝子が、自ら制作・撮影・編集・監督を手掛け、母のために作り上げたドキュメンタリー。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月28日
キャスト 監督・編集・撮影・制作・出演原田美枝子
出演原田ヒサ子 石橋大河 石橋エマニュエル 優河 石橋静河 Eita 荒木美智子
制作国 日本(2020)
上映時間 24分
公式サイト https://www.haradahisako.com/

(C)MiekoHarada

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「イクラ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2020-04-02

老いていく母を見てる人間として是非とも見たいと思い足を運びました。
長い間娘さんの傍らでサポートし続けて来られて、認知症と共に自分が女優として生きてたと思っているところが、お母様が共に生きていたことが伺えます。
母との繋がりが薄かった私にとって衝撃でした。
そして今、母が生きているうちに母に向き合い色々聞いて話してみようと思いました。
映画撮影でお着物を着てカットがかかった時こそ女優そのもののお顔でした。
それぞれの親の夢追いたくなる素晴らしい映画でした。
エンディングの歌もすばらしかったです。

最終更新日:2020-04-08 18:33:06

広告を非表示にするには