何処へ('66) 作品情報

どこへ

佐伯幸三が監督した文芸もの

ある田舎町の中学に英語教師伊能琢磨が赴任して来た。キリッとしたスマートさに、退屈しきった町の人々は騒然となった。現代子芸妓新太郎、出どもどり娘三保子、山中圭子先生、担任の玉田金助の姉艶子、木山校医の娘安子などの闘志で、快男子伊能もたじたじの形だ。さて学校では、職員室ののんきそうな雰囲気とはうらはらに、清水校長派と田島教頭を中心とする反校長派とが猛烈な鍔ぜりあいを演じていた。

「何処へ('66)」の解説

石坂洋次郎の同名小説を「女の中にいる他人」の井手俊郎が脚色、「喜劇 駅前弁天」の佐伯幸三が監督した文芸もの。撮影は「大工太平記」の村井博。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯幸三
出演加山雄三 星由里子 池内淳子 沢井桂子 原恵子
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「何処へ('66)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-14 00:01:08

広告を非表示にするには