「可否道」より なんじゃもんじゃ 作品情報

かひどうよりなんじゃもんじゃ

井上和男が監督した喜劇

中年増でTVタレントの坂井モエ子は、八つも年下の塔之本と結婚している。塔の本は劇団“新汐”の舞台装置家であるが収入は少く、モエ子が彼の面倒をみていた。二人はコーヒーによって結ばれた。モエ子はコーヒー通の集る「可否会」のメンバーで、コーヒーを入れる技術は菅会長も及ばないほどだった。それに塔之本は無類のコーヒー好きであった。だが、こんな二人にも危機がやってきた。塔之本の関心が新汐の研究生アンナに移っていったからだ。モエ子は切札として塔之本との訪欧計画を持っていた。というのは、ある食品会社から、インスタント・コーヒーのCMタレントとしてモエ子に欧州へ打ってもらいたいという話があったからだ。仕事の方も順調で彼女が初めて主役をやる「妻の告白」の前評判もなかなかよかった。そんなある日、塔之本はアンナのところへ走った。

「「可否道」より なんじゃもんじゃ」の解説

獅子文六原作“可否道”より「真赤な恋の物語」の白坂依志夫が脚色、「無宿人別帳」の井上和男が監督した喜劇。撮影は、「女弥次喜多 タッチ旅行」の堂脇博。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督井上和男
出演森光子 川津祐介 加賀まりこ 加東大介 松村達雄
制作国 日本(1963)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「「可否道」より なんじゃもんじゃ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-12-01 00:01:05

広告を非表示にするには