もったいないキッチン 作品情報

もったいないきっちん

食の“もったいない”楽しく解決!

もったいないキッチンのイメージ画像1
もったいないキッチンのイメージ画像2

“もったいない精神”の発祥の地、日本でも年間643万トンものまだ食べられる食料が廃棄されており、この量は世界の食料援助量の約2倍にも及ぶ。残念ながら日本の食のムダは世界のトップクラスだ。ダーヴィドは大量の食べ物がゴミとして捨てられる現状を嘆く代わりに、「もったいないキッチン」をスタートさせ、日本中を巡り、廃棄食料の中から食材を厳選し、独創的なオリジナルレシピを開発しながら、美味しい料理を出会った人々に振る舞っていく。ダーヴィドはまた、科学者、料理人、農家、若年起業家や活動家など、様々な人たちと会い、伝統と技術がユニークな形で混ざり合った彼らの実践法を学んでいく。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年8月8日
キャスト 監督・出演ダーヴィド・グロス
出演塚本ニキ
配給 ユナイテッドピープル
制作国 日本(2020)
上映時間 95分
公式サイト http://www.mottainai-kitchen.net/

(C)ユナイテッドピープル

もったいないキッチンのイメージ画像3

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「とらこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-08-10

自分が食品メーカーで働いていた頃を思い出しました。
食品ロスはしょうがない、と感覚がマヒしていて大量に廃棄していたこと。。
「もったいない」日本人の美徳でとても大切な言葉であるけれど、1部の人の心がけだけでは叶えられない程の食品(日本人1人1個/日のオニギリに値する量)が捨てられる現実を知り、悲しくなりました。
また、その一方で食べ物に精神が宿っている、と強い思いで活動を続ける人が沢山いることも知ることができました。とても勇気づけられ、心動かされる良作でした!!!!!

最終更新日:2020-08-12 16:00:03

広告を非表示にするには