METライブビューイング2018-19 第5作 ヴェルディ《椿姫》新演出 作品情報

めっとらいぶびゅーいんぐう゛ぇるでぃつばきひめしんえんしゅつ

心揺さぶる不朽の名作の新たな決定版

19世紀(本演出では18世紀)のパリ。高級娼婦のヴィオレッタは、享楽的な生活がたたって肺病を患っていた。そんな彼女に憧れていた田舎出のブルジョワ青年アルフレードは、ヴィオレッタに愛を打ち明け、一緒に暮らそうと申し出る。娼婦の暮らしを捨て、パリ郊外でアルフレードと愛の生活を送るヴィオレッタ。幸せな日々は、アルフレードの父ジェルモンの出現で一変する。ジェルモンは、アルフレードの妹が結婚するから身を引いてほしいと、ヴィオレッタに迫るのだった…。

「METライブビューイング2018-19 第5作 ヴェルディ《椿姫》新演出」の解説

心弾む〈乾杯の歌〉から誰もが涙する幕切れまで心を捉えて離さないヴェルディの大傑作が、18世紀に舞台を変えて装い新たに登場。四季の移ろいで描くM・メイヤーの演出は、今シーズン最大の注目作だ。MET新音楽監督ネゼ=セガンの鮮烈な指揮に導かれ人気実力絶頂の歌姫D・ダムラウ、世紀のテノール J・D・フローレスが不滅の恋を歌い上げる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年2月8日
キャスト 指揮ヤニック・ネゼ=セガン
演出マイケル・メイヤー
出演ディアナ・ダムラウ フアン・ディエゴ・フローレス クイン・ケルシー

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「METライブビューイング2018-19 第5作 ヴェルディ《椿姫》新演出」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-04 00:01:07

広告を非表示にするには