英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ラ・バヤデール』 作品情報

えいこくろいやるおぺらはうすしねましーずんろいやるばれえらばやでーる

エキゾチックな古典バレエ作品

古代インド。神殿の舞姫ニキヤと、高貴な戦士ソロルはひそかに永遠の愛を誓う。しかしラジャが娘ガムザッティとソロルを結婚させることを決め、ソロルもガムザッティの美しさに惑わされて誓いを忘れる。ニキヤに横恋慕をしている大僧正から、ニキヤとソロルの関係を聞いたラジャは、ニキヤを始末することを思いつく。ガムザッティはニキヤにソロルを諦めることを迫るがニキヤは逆上し、ガムザッティもニキヤを亡き者にしようと決意。ガムザッティとソロルの婚約式でニキヤは踊るが、ラジャ親子の策略で花籠に仕組まれた毒蛇に噛まれて息絶える。阿片に溺れるソロルは、影の王国で踊るニキヤの幻を見る。ガムザッティとの結婚式で再びソロルはニキヤの幻影に取りつかれる。神の怒りにより神殿は崩壊。天に上ったニキヤとソロルの魂は永遠の愛の中で結ばれる。

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ラ・バヤデール』」の解説

古代インドを舞台に、一人の戦士をめぐって舞姫と藩主の娘が火花を散らし、陰謀、裏切り、毒殺、横恋慕と濃厚な恋愛ドラマが展開する。婚約式で繰り広げられる華麗な踊りの数々には酔わされ、影の王国で白いチュチュの群舞が一糸乱れぬ動きを見せる静謐で幽玄な世界にはクラシック・バレエの美の極致がある。戦士ソロルのダイナミックな踊りは男性バレエダンサーにとって高難度で、超絶技巧の限りを尽くしたもの。ソ連から亡命後国際的に活躍した偉大なバレリーナ、ナタリア・マカロワによる演出は、よりドラマ性を重視しており、『ラ・バヤデール』の決定版と言われている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月18日
キャスト 振付マリウス・プティパ
音楽レオン・ミンクス
指揮ボリス・グルージン
出演マリアネラ・ヌニェス ワディム・ムンタギロフ ナタリア・オシポワ ギャリー・エイヴィス
配給 東宝東和
制作国 イギリス(2018)
上映時間 198分
公式サイト http://tohotowa.co.jp/roh/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2018/19 ロイヤル・バレエ『ラ・バヤデール』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-19 00:01:02

広告を非表示にするには