波乗りオフィスへようこそ 作品情報

なみのりおふぃすへようこそ

“便利”よりも“大切なもの”

波乗りオフィスへようこそのイメージ画像1

東京でセキュリティソフト会社を経営する徳永は、大企業に押され、エンジニアの採用ができず窮地に立たされ、故郷である徳島県美波町に人材を求める。悪戦苦闘の末、地元の同級生の久米や地元の起業家の岩佐に助けられ、豊かな自然を武器にした秘策を打ち出し、何とか採用にこぎつける。住民の助けで、数々の困難を乗り越え、事業は好転していく。そこで、社員の生田が町最大の秋祭りの責任者に抜擢され…。

「波乗りオフィスへようこそ」の解説

都会を離れた地に魅了された一人の男と仲間の心あたたまる生き方の物語。IT企業社長の徳永役には、映画初主演となる関口知宏。徳永をサポートする地元の住民の兄貴分、通称とうさんこと岩佐役に宇崎竜童。一人でお茶農家を続けるお母さん役にベテランの岩崎加根子。インターンの学生を引率していく大学教授の橘役に宮川一朗太ら演技派俳優陣が脇を固めている。監督は『キリコの風景』の明石知幸。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年4月19日
キャスト 監督・脚本明石知幸
原案吉田基晴
出演関口知宏 宇崎竜童 柏原収史 田中幸太朗 宮川一朗太 岩崎加根子 眞嶋優 大内田悠平 伊藤祐輝 上田結
配給 マジックアワー
制作国 日本(2016)
上映時間 108分

(C)2019ポンコツ商会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「マリーン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-04-21

「かもめ食堂」を彷彿させる多くを語らず、大袈裟な演技はなく、でもセリフはぴったりで、配役もいい。最後には綺麗な気持ちになる映画です。癒しを求めている都会の人には、清涼飲料水になるかも。内容は難解なテーマを扱っているのでしょうが、とても分かりやすく描かれているので、徳島を訪ねたことがある人、興味がある人には、是非見てもらいたい映画です。よかった!

最終更新日:2019-04-25 16:00:05

広告を非表示にするには