いろは囃子 作品情報

いろはばやし

相愛の男女が宿命の流れにはかなく別れる

賭場のもつれから役人に追われた平太郎は岡ッ引辰五郎が経営する矢場に逃げ込み、矢場女お仙を知った。しかし辰五郎に見つかり二人は逃げ出した。材木商大和屋の一人息子でありながら、身を持ちくずした平太郎と、泥水稼業のお仙は打ちあけた話をするうちに厭世的な気分になり、相抱いて大川に身を投げた。お仙も平太郎も救われた。お仙を助けたのはばくち打ちの船頭、藤兵衛で、平太郎を助けたのは、平太郎のいとこで許婚であるお菊の家、但馬屋の家の者であった。それがもとで平太郎は大和屋に帰り家業に励むことになった。

「いろは囃子」の解説

心中まではかった相愛の男女が宿命の流れにはかなく別れてゆく物語。額田六福原作の舞台劇を「婦系図 湯島の白梅」の衣笠貞之助と「かんかん虫は唄う」の犬塚稔が共同脚色し、「綱渡り見世物侍」の加戸敏と竹村康和が夫々監督と撮影を担当した。主なる出演者は「新・平家物語」の市川雷蔵、菅井一郎、「お父さんはお人好し」の峯幸子、「風雲三条河原」の山根寿子、「花ひらく(1955)」の三井弘次など。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督加戸敏
出演市川雷蔵 山根寿子 峰幸子 菅井一郎
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「いろは囃子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-01 00:01:09

広告を非表示にするには