輪違屋糸里 京女たちの幕末 作品情報

わちがいやいとさときょうおんなたちのばくまつ

新選組に翻弄される、三組の男女の物語

輪違屋糸里 京女たちの幕末のイメージ画像1
輪違屋糸里 京女たちの幕末のイメージ画像2

幕末の京都。花街で<島原輪違屋>に身を置く、天神糸里。糸里が淡い恋心を抱くのは、新選組の土方歳三だった。糸里とは仲の良い桔梗屋の芸妓吉栄は芹沢の腹心の平山五郎と恋仲で、初期の新撰組には、近藤勇と芹澤鴨という二人の局長が存在していた。両派は対立を深めていくが、それは「百姓」と「武士」という決して超えられない壁でもあった。やがて持ち上がる芹澤鴨暗殺計画。男たちの抗争の影で翻弄されていく糸里、吉栄、そして芹澤の愛人・お梅。彼女たちは一体何を見て、何に殉じるのか。そして最後に下した決断とは…。

「輪違屋糸里 京女たちの幕末」の解説

浅田次郎の「輪違屋糸里」を映画化。歴史が大きく変わろうとしている渦の中で、大義をもって都を守り、そして恐れられた新選組の姿を女性の視点で描いていく。主人公、島原輪違屋の芸妓・糸里を演じるのは、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』の藤野涼子。まだ幼さが残る初々しい姿と、十代とは思えない妖艶な女性像を演じ、スクリーンでの時代劇初挑戦ながらも実力派俳優としての実力を見せつけている。また、土方歳三には若手実力派・溝端淳平、吉栄を松井玲奈、平山五郎を佐藤隆太が熱演。芹澤鴨には塚本高史、愛人お梅を田畑智子が演じている。監督はTVシリーズ「鬼平犯科帳」など、人間ドラマと時代劇を融合させる名手・加島幹也。(作品資料より)

輪違屋糸里 京女たちの幕末のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月15日
キャスト 監督加島幹也
原作浅田次郎
出演藤野涼子 溝端淳平 松井玲奈 佐藤隆太 新妻聖子 石濱朗 榎木孝明 田畑智子 塚本高史
配給 アークエンタテインメント
制作国 日本(2018)
備考 有楽町スバル座ほか全国にて順次公開
公式サイト http://wachigaiya.com/

(C)2018銀幕維新の会/「輪違屋糸里」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「輪違屋糸里 京女たちの幕末」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-30 00:12:44

広告を非表示にするには