私は、マリア・カラス 感想・レビュー 3件

わたしはまりあからす

総合評価5点、「私は、マリア・カラス」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「Independent woman」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-15

 あまり普段映画は見ないが、マリアカラスの生き様が見たくて映画館に足を運んだ。
 結果的には古いテープの臨場感がすごく、ライブにいるようにマリアカラスのゴージャスさ、ドラマティックさを堪能できた。つまり「退屈でないオペラ」そのカラスのコンセプトが体感できた。
 またカラスといえば恋のために声を失ったというような評判が先回りしがちであるが、映画からは自分の立ち位置を知り、率直に明瞭な意見を述べる大変頭脳の回転のよい女性だったという印象を受けた。またプリマドンナとしての重圧、世間の評判や誤解、責任感等で悩みの多い人生であり、本人はその人生の負の面を克服しようとすると同時に、またアドバンテージも知り尽くしていた気がする。まさにヨーロッパ流の自立した女性そのものである。
 いろいろと語りつくされたマリアカラス像にまたひとつ別の見方を提供できた映画ではないだろうか。

P.N.「映画な人生 生きざまが本物の女優」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-28

貴重のアーカイブから、立体的に浮かび上がる彼女の人生。断片的な情報からは、気性の激しいプライドの高い女性、だったが、とっても聰明で賢く、かつ、人間らしく、また、とても、女性らしい女性であった事に驚く。あれだけのスターでありながら、しっかりとした独りの人間として、自覚を持って生きて、歌も美しさも生き方もすべてが本物であり、こんな生き方ができるんだと改めて驚かせる。約60年前くらいの映像だから、今のようには見れないけれど、生でライヴで聴いている臨場感は映画館ならでは、彼女は今を常にライヴを生きたのですから。悲劇を歌う喜び。すべてが歌う為の人生。

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-12-27

星はマリア・カラスのファンとしての、満足感から来るものです。カラスが触れなかった、語っていなかった事に関しては、ほぼ無いのが、やや残念。映画のコンセプトには則ってるけど。

最終更新日:2019-01-21 23:30:10

広告を非表示にするには