A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー 感想・レビュー 4件

あごーすとすとーりー

総合評価3.67点、「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ao」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2019-05-13

※このクチコミはネタバレを含みます。 [クリックで本文表示]

ストーリーと女優のルーニーは良かった
反対に監督と男優のケイシー・アフレックは悪かった

思わせぶりにしたいのか抒情を含みたいのか
単にヒューマンもエロもシリアスもあれもこれもと色々欲張って詰め込もうとして失敗したのか
そんなに長くやる必要ある?どういう意味のシーン?ってのがやたら多い
箱を捨てるシーン・キスシーン・事故シーンも無駄に長く、そして分かりづらい
この監督じゃなかったら、この作品はもっと良かったと思う

次に男優のケイシー
ルーニーと絡むシーンが演技にかこつけて触ってるようにしか見えない事がこれまたやたら多くて引っ掛かった
思わずケイシーでググったら納得、過去にセクハラで訴えられて示談にしたと

結論、監督とケイシーの2人が駄目にした映画

P.N.「SHO」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-05-05

人=記憶の集合体、肉体=時間・空間に対するフィルターと言う考えを私は以前から持っていましたが、この映画は正に私のイメージしていた死後の世界を映像表現してくれたと思います。
しかし、この映画に対する評価は賛否両論に別れ、セリフも非常に少ないので詰まらないと思う人も多いと思います。特に宗教観の低い人にはお勧め出来ません。(セリフが超少ないので私の場合、完全英語版で見ても理解出来ましたけど)

時間・空間の超越によって死後に幽霊になった現在の主人公が生きている過去の自分を見つめている姿には言いようのない悲しみを感じました。又、死後の主人公が…
ドッペルケンガーの謎解明も表現していたと思える部分も有りました。

映画評論のプロではないが、この映画の造り手の感性が好きです。

P.N.「哲学、科学、宗教の枠を超えてシンプルに」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-12-19

記憶の物語と、触れ込みがあるから、これは、記憶の物語。人は死するとどうなるのか?肉体から抜け出した存在は、過去へフラッシュバックしながら、自らの存在、魂の記憶の旅をする。彼女が引っ越す時メモを残しても二度と戻らないと知りながら自らの存在の記憶を残すけれど、それは、もう必要では無いと自覚している。死した彼には、未練が残り、なかなか旅立つ事ができない。自らとは存在し経験をしてきた記憶なんだと過去への執着を手放した時、新たな世界へ旅立つ。もう、この世界の経験は必要無いと。哲学的で科学的で宗教的なストーリーをシンプルに心地よく魅せてくれる。

P.N.「明石」さんからの投稿

評価
なし
投稿日
2018-11-27

ちっとも意味がわからなかった。

いったいなにを表現したいのだか、さっぱりわからない。

筋書き自体があいまいなんだから、もはや映画とは言えない。
なんだい、こりゃって思った。時間を無駄にしたみたいで、いささか腹が立った。

最終更新日:2019-06-29 00:02:38

広告を非表示にするには