NOiSE 作品情報

のいず

秋葉原で交錯する二人の少女と少年

NOiSEのイメージ画像1
NOiSEのイメージ画像2

秋葉原無差別殺傷事件から10年近く。母親を8年前の秋葉原無差別殺傷事件で亡くした美沙は、秋葉原の地下アイドル活動に励む一方で、所属事務所が経営するJKリフレ店で働いていた。高校生の里恵は母が父と離婚し家を出て行って以来、父とはほとんど会話をしておらず、里恵の生活はどんどん荒れていく。秋葉原の運送会社でバイトをしている大橋健はスナックに勤務している母親と二人暮らし。母親の金銭トラブルに巻き込まれ健の人生の歯車が狂い始める。

「NOiSE」の解説

舞台はポップカルチャーの聖地・秋葉原。10年前に起きた秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、15歳のときの親友の自殺など自身の経験を取り入れた脚本を書き、8年をかけて映画を完成させたのは25歳の松本優作。本作が初長編作品となる。本作に先駆け劇場公開された監督第二作目の短篇、MOOSIC LAB2018の『日本製造/メイド・イン・ジャパン』は観客賞・審査員特別賞・最優秀男優賞を受賞した。サウンドはCM音楽等で活躍するDJ・banvox。本作で初の劇中音楽を担当した。主演は、ミスiD2015ミスiD賞受賞の篠崎こころ、アイドル・舞台役者として活躍する安城うらら、映画監督としても活躍する鈴木宏侑。ほか、小橋賢児、仁科貴、布施博等の名バイプレイヤーが脇を固める。

NOiSEのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年3月1日
キャスト 監督・脚本・編集・企画松本優作
出演篠崎こころ 安城うらら 鈴木宏侑 岸建太朗 仁科貴 小橋賢児 布施博
配給 マコトヤ
制作国 日本(2018)
上映時間 115分
公式サイト https://noise-movie.com/

(C)「Noise」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「NOiSE」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-22 00:01:03

広告を非表示にするには