榎田貿易堂 作品情報

えのきだぼうえきどう

迷える大人たちの喜怒哀楽を軽やかに描く

榎田貿易堂のイメージ画像1
榎田貿易堂のイメージ画像2

39歳で故郷の群馬県渋川市に戻ってきた榎田洋二郎は、“なんとなく”リサイクルショップ「榎田貿易堂」をオープンさせる。「扱う品はゴミ以外、何でも」が信条のこの店には、アルバイトの千秋と清春、なじみの常連客ヨーコ、丈などひとクセもふたクセもある人びとが集っていた。ある夏の日、店の看板の一部が突然落下する。榎田は呆然としながらも、「何か凄い事が起きる予兆がする」と呟く。その言葉どおり、彼らが抱える問題があらわれ始める。

「榎田貿易堂」の解説

群馬県渋川市を舞台に、東京での暮らしでは成果を得られず、中年にさしかかって故郷で人生を再出発させようとする人々を描いたヒューマンコメディ。リサイクルショップ“榎田貿易堂”を始めた主人公のもとに集うおかしな面々が抱える悩みや問題をとらえつつ、迷える大人たちの喜怒哀楽が軽やかに描いていく群像ドラマだ。主演は、『お盆の弟』『下衆の愛』などインディーズ映画で存在感を放っている渋川清彦。メガホンをとった飯塚健監督ともども、渋川市の出身だ。セリフのひとつひとつに、映画のみならず舞台演出や小説執筆などで培われたのであろうセンスが窺え、24才で映画監督デビューした飯塚健監督の集大成的な作品となっているとの評判だ。

榎田貿易堂のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年6月9日
キャスト 監督・脚本・編集飯塚健
出演渋川清彦 森岡龍 伊藤沙莉 滝藤賢一 宮本なつ 渡邉蒼 三浦俊輔 駒木根隆介 キンタカオ 金子昌弘 諏訪太朗 片岡礼子 根岸季衣 余貴美子
配給 アルゴ・ピクチャーズ
制作国 日本(2017)
年齢制限 R-15
上映時間 110分
公式サイト https://enokida-bouekido.com/

(C)2017 映画「榎田貿易堂」製作委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「榎田貿易堂」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-15 00:02:41

広告を非表示にするには