旅するダンボール 感想・レビュー 3件

たびするだんぼーる

総合評価5点、「旅するダンボール」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ゆたんぽ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-27

ただ単純に段ボールを好き、というまっすぐな想いが引き寄せる素敵な出会いにとても感動します。
映画の中で垣間みせる島津さんのゆるいキャラは、思わず心の中で突っこみたくなるようなキャラで、見る人を温かい気持ちにさせてくれる気がします。
最後には、彼だからこそ引き寄せることのできたであろう素敵な出会いに、思わず涙が止まりませんでした。

段ボールアーティストという活動をこの映画で初めて知りましたが、島津さんの活動は今の時代には非常に大切な考え方を気づかせてくれる気がます。
見終わった後、旅するダンボールというタイトルからは想像のできない、豊かな気持ちにさせてくれる作品です。

P.N.「akane_movie」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-27

ドキュメンタリーというとハードルが上がりがちだけど、いい意味で気楽に、見終わったあとはほっこりできるお話。
島津さんは段ボールを追いかけひたすらまっすぐ突き進んでいき、それに周りがどんどん巻き込まれてしまう…けれどみんないい表情をしていて、”いい伝染”ですね!
「アップサイクル」は知らなかったけど、なるほどなと勉強になりました。
自分がここまでグッとハマってしまうような好きなものってなんだろうな~。
音楽もテンポよくてかわいい♪
思わず帰り道やこれから歩くときに段ボールを探してしまいそうです。

P.N.「ひろこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-22

段ボールの源流を巡る旅が、人の温かさに繋がる。
ドキュメンタリーなのに、観ていて飽きない、笑って泣ける展開に、わくわくと驚きが詰まっています。
「ガラクタは、誰かのたからもの。」というメッセージも素敵。
段ボールって誰でも触ったことのあるものだと思うけど、それに愛を注ぐ人なんていないと思う。
好きなことを続けるって本当にすごいことだと思いました。
島津さんの人柄がとても素敵でした。自分にとって大切なものは何か、を気付かせてくれる。
感情を揺さぶられました。ぜひ劇場で見ていただきたいです。

最終更新日:2018-12-14 00:13:24

広告を非表示にするには