極楽島物語 作品情報

ごくらくとうものがたり

菊田一夫原作の色彩映画化

太平洋戦争の只中。前科十六犯のサギ漢柏原一等兵、彼を捕える寸前、広召された野長瀬二等兵、唄の好きな益木二等兵等の乗った輸送船は南方へ向う途中、魚雷のため轟沈する。兼松伍長、宮坂兵長、吉川上等兵、原と梶川の一等兵及び前記の一同は筏で漂流の末、極楽島に上陸。

「極楽島物語」の解説

東宝ミュージカルスとして上演された、菊田一夫原作の色彩映画化(イーストマンカラー)で、太平洋戦争中、南の島で九人の遭難兵が出くわした世にも不思議な話。脚色は「おしどりの間」の長瀬喜伴と「おしゃべり社長」の新井一の共同、「午後8時13分」の佐伯幸三が監督、「浮気旅行」の岡崎宏三が撮影にあたる。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯幸三
出演河津清三郎 宝田明 太刀川寛 佐原健二
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「極楽島物語」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-01-03 00:02:34

広告を非表示にするには