皆殺しのスキャット 作品情報

みなごろしのすきゃっと

「あぶく銭」の森一生監督作品

伊集院猛は久しぶりに日本の土を踏んだ。だが、喜びも束の間、帰国報告に立ち寄った母の墓前で父が射殺された。伊集院を束ね、任侠一筋に生きてきた父に事あるごとに反目してきた佃興業の仕業に違いなかったが、証拠がなかった。組を継いだ兄はいきりたつ子分たちを抑えるのに必死となった。猛は兄の許婚者圭子や代貸の大崎の懇願には冷たい顔を装ったが、胸の中には怒りがたぎっていた。やがて、血気にはやる子分が佃興行に殴り込んだ。

「皆殺しのスキャット」の解説

脚本は「おさな妻(1970)」のコンビ安本莞二と白坂依志夫。監督は「あぶく銭」の森一生、撮影は「透明剣士」の今井ひろしがそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演松方弘樹 南美川洋子 峰岸徹 笠原玲子
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「皆殺しのスキャット」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-31 00:02:35

広告を非表示にするには