水溜り 作品情報

みずたまり

丹羽文雄の短編を井上和男が監督した作品

水溜りの多い道路をはさんで貧弱な工場が並んでいる東京の場末の工場街。茂子が事務員をしている須山鉄工場もその一角にあった。茂子の母のツネも雑役婦としてそこで働いていた。茂子と工場主須山との間には肉体関係があった。ツネが就職できたのもそのためだった。弟の武は大学に通っていた。授業料を須山からユスった。女工の村子は武が好きだった。須山鉄工場で首切りが発表された。

「水溜り」の解説

丹羽文雄の「水溜り」「校庭の虫」の二つの短篇を、「豚と軍艦」の山内久が脚色し、「悪の華(1961)」の井上和男が監督した。撮影も「悪の華(1961)」の堂脇博が担当した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督井上和男
出演川津祐介 岡田茉莉子 清川紅子 倍賞千恵子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「水溜り」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-07 00:01:14

広告を非表示にするには