痴人の愛('60) 作品情報

ちじんのあい

谷崎潤一郎の原作を木村恵吾が監督した作品

他人からは木石の典型のように思われている河合譲治にも秘密があった。ナオミである。池袋のアルバイト・サロンで彼女をみつけてから、収人のすべてをそそいで今日のような魅力ある女性に育て上げたのだ。自分の思った通りの女を得たいという、譲治の奇妙な執念の結果だった。ナオミはスポーツ・カーをねだった。最近、ナオミの享楽の欲望は果てしもなく大きくなっていくようだ。さすがに、これは譲治も承諾するわけにはいかなかった。英語のレッスン中、ナオミはノートを破った。譲治のはげしい声がとんだ。ナオミは姿を消した。

「痴人の愛('60)」の解説

谷崎潤一郎の原作を「初春狸御殿」の木村恵吾が再び脚色監督したもの。撮影は石田博が担当した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督木村恵吾
出演船越英二 叶順子 田宮二郎 川崎敬三
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「痴人の愛('60)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-03-21 00:02:28

広告を非表示にするには