ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども 作品情報

だんぷひっぷばんぷくたばれやろうども

帯盛迪彦が監督した喜劇

ダンプは柔道、唐手、合気道となんでもこなすモサ娘。ヒップは頭脳明晰で、バンプは男泣かせのお色気娘。さてこの三人、坂本政子の依頼で、風紀上好ましくない娯楽センターの「夢の国会館」ぶち壊しを目論んだ。さて、三人娘の最初の試みは、サウナ嬢たちの足抜きだった。彼女たちの有金をはたかせようと馬券を買わせたが、これが大当り。三人娘は引抜きを防いだ功績で金一封を授かる始末だった。

「ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども」の解説

「ある見習看護婦の記録 赤い制服」の高橋二三がシナリオを執筆し、「性犯罪法入門」の帯盛迪彦が監督した喜劇。撮影は「ガメラ対大悪獣ギロン」の喜多崎晃が担当した。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督帯盛迪彦
出演津山由起子 南美川洋子 渥美マリ 水木正子
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-03 00:01:16

広告を非表示にするには