ビブリア古書堂の事件手帖 感想・レビュー 6件

びぶりあこしょどうのじけんてちょう

総合評価3点、「ビブリア古書堂の事件手帖」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「大師」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-11-25

個人的に原作の大事な部分だと思っていたところをことごとく省略されていた。もう辻褄が合わないので続編は難しいだろうと思う。

P.N.「海」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-25

良かったです。ほっとして見られる映画でした。役者さん達もお上手でした。

P.N.「ノブさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-15

音楽が、テーマに合っていて良かったです。
ただ、最後の方の岸壁のシーンは、何故か違和感がありました。
それと、大輔に渡した本が偽物だとわかったシーンでは、画面が揺れていましたが、意図があったにせよ、見てて酔ったような気分になり、不快でした。

P.N.「sanjuro」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-11-10

原作既読。映画用にストーリー設定、登場人物の単純化、簡略化が行われた結果、原作を知っている者からすると物足りない感じになる。よくあるハナシ。原作の魅力は、ストーリーというより、登場人物特に栞子の時折見せる異常なまでの本への執着心、他人の秘密を見透かしてしまう程の本から得た狂気じみた知識量…それと極端な人見知りキャラとのギャップ、五浦との微笑ましい恋愛模様だろう(個人的には)。その意味でなんか違うんだなあ…あの結末は。原作の栞子だったら…。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2018-11-05

原作を知らないので、原作そのものに原因があるのか映画化の際の脚本に原因があるのかわからないが、ストーリーがつまらなかった。ただ、役者は良かったし映像も綺麗に撮れていた

P.N.「切通し」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-11-02

切なくて愛しい映画です。
黒木華さんら役者さんのドアップの横顔が美しい。

一度観たら、もう一度観たくなるそんな映画です。

最終更新日:2018-12-15 00:01:03

広告を非表示にするには