わたしたちの家 作品情報

わたしたちのいえ

PFFグランプリに輝く若き才能、劇場デビュー

わたしたちの家のイメージ画像1
わたしたちの家のイメージ画像2

もうすぐ14歳を迎えるセリは、父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、母に新しい恋人ができた事に反発している。ある日、セリはお父さんの倉庫からクリスマスツリーを出してくる。サナは突然、記憶をなくしてしまった。自分がどこからやってきたのかわからない。目覚めるとフェリーに乗っている。船内で出会った女性・透子の家に住まわせてもらう事になる――。ひとつの家の中、ふたつの時間が流れている…。

「わたしたちの家」の解説

新人監督の登竜門である第39回『PFF(ぴあフィルムフェスティバル)』の「PFFアワード2017」でグランプリを受賞した本作は、弱冠24歳の清原惟監督が、東京藝術大学大学院の修了作品として制作したもの。母親と2人で暮らす13歳の少女の物語と、記憶を失った女性の物語が、変わった構造の家の中で交錯する。時間軸を操作しながら、2つの世界がどう交わるのか、交わらないのかという部分が核になりつつも、謎として残る部分のミステリーが良い味付けだ。清原惟監督は『アカルイミライ』などの黒沢清監督や『M/OTHER』などの諏訪敦彦監督に師事した新たな才能。武蔵野美術大学在学中に発表した『暁の石』『ひとつのバガテル』の両作品もPFFで入賞を果たしている。

わたしたちの家のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年1月13日
キャスト 監督清原惟
出演河西和香 安野由記子 大沢まりを 藤原芽生 菊沢将憲 古屋利雄 吉田明花音 北村海歩 平川玲奈 大石貴也 小田篤 律子 伏見陵 タカラマハヤ
配給 HEADZ
制作国 日本(2017)
上映時間 80分
公式サイト http://www.faderbyheadz.com/ourhouse.html

(C)東京藝術大学大学院映像研究科

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「わたしたちの家」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-09-08 00:02:36

広告を非表示にするには