嘘八百 感想・レビュー 8件

うそはっぴゃく

総合評価3点、「嘘八百」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「ポン」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-03-24

絶賛はしないが、面白く拝見できた。
いくらなんでも…とツッコミ要素は沢山あります。ま、そこは低予算映画だ。サザビーズのオークションを題材にした映画ではない。『スティング』のようなどんでん返しがあるもんでもない。関西が舞台の映画だ。力抜いたとこがなけりゃ(笑)
ラストのラストーエンディング・クレジットの最後であのシーンを入れてくれたことでひと安心。1度でも海外旅行をした経験のある者なら「ンなことできるわきゃねえだろう…」とピンと来るもんな。悪銭身に付かずだ!

P.N.「ほのぼの」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-02-14

作品自体は、そんなにお金もかかってない感じ。どちらかと言うとスペシャルドラマ的かな?若い人よりも、中高年向きなほっこり、ほのぼの楽しめる微笑ましい作品。利休の茶室は小宇宙とも言いますし、海原はもっと壮大で鴎も區+鳥(かもめ)で、小さな器ではなく、大きな器を何処までも果てしなく羽ばたく自由な魂と言える。少し、小さく収まってしまったかなと言う感想です。日本の国土に松の緑。そう言う視点で観ると初釜を祝う。旧暦のお正月映画としていいのかもしれませんね?

P.N.「ミスチーフ・ジョーンズ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-02-13

詐欺の口上とはいえ、利休の晩年の心境を、真面目に考察して語っている所と、陶芸の製作過程を、意外に細かく描いている所が良かった。古美術や遺物、骨董を扱う業界には、本来は起きたらいけない事なのに、昔からこういうネタは付き物で、無くならない。三越の事件や芸大の事件を、妙な感慨と共に思い出した。

P.N.「蔵ファン」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-02-04

佐々木蔵之介さんの大ファンです。
いつもスマートな彼が出す落ちぶれ感、ダメ亭主ぶりが情けなくてキュン!とします。
中井貴一さんの巧さも際立ち、随所に伏線があり、ホントに楽しめるテンポのい~い一本です。

P.N.「神戸の映画大好き叔父さん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-01-22

この映画、お正月初めに上映してすぐ、鑑賞しました。

中居貴一のファンです。

最後のシーンで、
大御所鑑定家演じる
近藤正臣さんが、緑楽の
千利休が、作らせたという千利休所有の茶碗を
1億円で購入するというくだりがあります。

その1億円が、通貨偽造行使罪に該当する贋作の偽金だったら、この映画、
もう一星評価付けます(^_^)。


中居貴一の娘さんが、海外で、入国管理局の職員に取調室で、取り調べを受ける
くだりがあります。

これが、その可能性を示唆するシーンです。


パンフレットは、800円ですが、出来は良かったですよ。

P.N.「C.ルージュ」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-01-15

役者が揃っているのですごく期待して観ると、とんだ肩透かしを食わされる。肩の力を抜いて、新春らしく楽しむ映画。世の中こんなもんだとか、たまにはいいこともあるとか、笑いの中にちらっと大切なことも隠されている感じ。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2018-01-14

公開劇場が少なくまた小さい部屋ということもあり、満席でした。レビューはどこも軒並み高評価ですが、どうですかね……そこまででもない気がします。ただ見ていて、出演者が楽しんで作っているなぁ、と思いました。幻の利休の茶碗が登場してから短いです。

P.N.「みいぽ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-01-10

年明けから沢山笑わせて頂きまして、有り難うございました…とても面白かったです。最後は一つの嘘によって、全てが丸く…上手く収まった感じで、温かいほっこりとした気持ちになれました。中井貴一さんと佐々木蔵之介さんの掛け合いが、凄く絶妙で感動しましたが、お一人お一人がとても良い味を出されていて、関西の方は本当に温かいなぁと感じました…*

最終更新日:2018-12-16 13:16:29

広告を非表示にするには