君の膵臓をたべたい 感想・レビュー 12件

きみのすいぞうをたべたい

総合評価4点、「君の膵臓をたべたい」を見た方の感想・レビュー情報です。投稿はこちらから受け付けております。

P.N.「オタのオヤジ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-06-30

妻が入院中の暇つぶしに読んだ原作、面白いという作品が映画になっていることを知ってレンタルで観賞しました。衝撃的でしたねーテンション高い表情の中に影があり、影のある中に勇気が見える演技は素晴らしいと思いました。また、セリフとセリフ回しが非常に心に響く作品、かなり枯れたオヤジでもバクバクドキドキです。主演の女優さんは注目ですねー楽しみです!

P.N.「えみ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2018-01-28

凄く良い、好きと言わない二人、匠海くんの指切りする時とかハグする時の遠慮した感じとか、美波ちゃんの咲良っぽさ、キャストも最高で凄く良いんだけど、1つだけ強いて言うなら、志賀くんが知りたかったこと、咲良が聞きたかったことっていうのは、手紙ではなく原作通り共病文庫に書いてて欲しかったかなって思います。
共病文庫の日記の部分だけ読んで泣いてしまうところで、志賀くんってこんなに弱かったっけと違和感を感じてしまい、あと恭子をカフェに呼び出すシーンが無いのも気になりました。
この映画は凄く素晴らしいんですけど、役者さんの演技が凄いだけに原作通りだったらもっと泣けただろうなともったいなく感じてしまいました。

P.N.「真実と挑戦」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-17

映画を観る直前に原作を購入。未読で観賞も充分切なかった。気持ちを引きずりながら原作を読み久しぶりに読書で泣いた。もう一度劇場に足を運ぶつもりです。原作と映画ラストシーンは違うけど、補い合う感じでどちらも良かった。
映画に感動された方は是非原作も読んで頂きたいです。

P.N.「NAOYA∞」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2017-08-15

申し訳ないですが、桜良は終始余命僅かな人には見えず、いくら何でも10代で死を目前に控えて、あれほど気丈に振る舞えるものかと…。
恭子も言っていた通り、何故根暗な性格で、人間性を掴めないような僕に病気と余命のことまで明かせられるほどの好意と信頼を寄せられたのかも疑問です。
泣けることは泣けたし、桜良の予想外のまさかな最期には驚かされ、キャスティングも演技も、皆さん見事だっただけに、何か少し残念な作品でしたかね。
原作を読めば、また違ってくるのでしょうか?

P.N.「ゆうおじさん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-13

いい歳のおじさんです。
久々に号泣しました。
単なる恋愛もの、病気もの、青春ものと違い、生きることの意味を
改めて感じ、自身の事を再考しました。
この若い女優さんは、大成すると思います、10年近く前の新垣結衣さんを思い出します。

P.N.「しんちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-12

今日二回目を観て、一回目より感度した。命の価値そして生きていられる事は、当たり前ではない。改めて生きたいと思わせる、生きる意味を考えた映画です。

P.N.「sanjuro」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-08-05

原作未読です。小悪魔女子が根暗草食?男子をこれでもかー!というくらい振り回す、使い古された羨ましい設定!そして徐々に病魔との戦い…?と思いきや…。次なる展開に…1人で観ていたらショックと理不尽さのあまり大声張上げていたかもしれません。いや、館内で叫びそうでした。悪い意味で引きずりそうです。

P.N.「しほみんたかみん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-05

桜良と僕(仲良し君)が少しずつ心を通わせていく様子が淡く温かく微笑ましかった。『真実と挑戦』もそれに一役買って。後半は微笑ましさから一転切なくて切なくて仕方なかった。
見終えた後も切なさを引きずってちょっと辛かった。

P.N.「人当たりののぶ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-04

小説を読んで、おじさんの心を奪われた。映画を見ても心奪われた。

P.N.「さくちゃん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-08-01

涙が止まりませんでした
本のなかの人物が出てきたかのように、ぴったりでした。

P.N.「猫のクロ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-07-30

原作とは違う面もあるが、原作の良さは失われていない。むしろ、原作よりも内容的には良くなっている。原作では重要なポジションだった恭子が映画では脇役の一人になっており、それに伴い主人公と恭子の関係も原作とは異なっている

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2017-07-30

現在と過去を行き来しながら進んでいきます。見応えがあり、また学生時代を演じている役者と現在の役者がどことなく似ていて、よくできていました(どちら側も似せていた)自分の過去の思い出を特定の生徒に話し続けていて、それって、図書室の整理を妨害…(笑) 小説とは少し違うようですが、この映画もよくできていると思います。

最終更新日:2018-07-05 16:00:08

広告を非表示にするには